【 目次 】

 

精神科医は、近年注目が集まっている仕事です。
医師の求人を検索してみると、精神科の求人が非常に多く見つかります。
精神科医はこれからますます需要が高まることが予想されますが、実際にはどのような仕事内容を日々行っているのでしょうか。

様々な精神疾患を治療するのが基本

まず、精神科というのは心の病気を治すための専門科です。
精神疾患や精神障害、様々な依存症などを治療します。
自閉症やADHDといった発達障害も精神科の専門で、さらにアルツハイマーや認知症といった老人特有の症状も、精神科で治療を受けることが一般的です。
よく勘違いされやすいのですが、精神科は心の病気を治すための専門科です。
そのため、心の病気が体にも影響を及ぼしている場合は、心療内科の方が適切とされています。

精神疾患の患者は年々増加している

経済の悪化やブラック企業の台頭など、様々な社会情勢によって精神疾患に悩まされる日本人は増加しており、年間300万人を超える患者が、精神科によって治療を受けていると言われています。
精神科医は、これらの患者の心の悩みを解決するために、カウンセリングや薬物療法を行います。
精神疾患の中でも最も多いのはうつ病ですが、うつ病といっても原因は様々です。

ストレスが原因で引き起こされているうつ病は、ストレスの原因を取り除けば改善しますが、統合失調症や発達障害を併発しているケースもあるなど、うつ病といっても症状や治療法は千差万別。
ひとりひとりの状況に合わせた診断と適切な治療が求められるのが、精神科の仕事内容で最も難しいところです。

治療のための研究も重要

精神科の技術は、まだ発展途上です。
様々な臨床試験や研究が世界中で進められており、精神科医は日々新しい治療法や新薬を研究しながら、最も適切な治療を行います。
治療技術の進歩も早いため、精神科の医師にとって研究も重要な仕事のひとつ。
精神疾患は、社会の状況によっても変化します。

たとえば、昔は無かったネット依存症などは、情報化社会が生み出した新しい精神疾患です。
これから先も、技術の進歩によって新しい精神疾患が生まれないとは限りません。
多様な変化を続けていく社会に素早く対応していく柔軟さが求められます。

患者が社会復帰するための手助けとは

精神疾患を患っている人は、日常生活に息苦しさを感じている事が多いです。
そのため、治療が終わっても完全に日常生活に復帰するためには、治療だけでなく、家族や行政などと協力してのフォローが必要となります。
精神科の仕事内容は、単に薬を投与して終わりではなく、患者とその周辺と連携して、根気強い治療が必要なのです。

 

精神科医になるにはどうしたらいい?

気にある精神科医の収入

精神科医の仕事って?

精神科医にとっての魅力・やりがいって何?

 

精神科と心療内科の違いって?

 

ササキ先生×松井医師の会話

ササキ先生

最近、転職を考えてるんですけど、ちょっと悩んでるんですよね…。
松井先生は転職の経験がおありと聞きましたけど、やっぱり相当悩みましたか?

松井医師

そうですね、それなりに悩みましたね。
でも、転職の決断をしてよかったと今では思っていますよ。
ちなみに、ササキ先生は、なぜ転職を考えてるんですか?

ササキ先生

はっきりと言ってしまうと、忙しいんです。
医者ですから当然ですけど、当直、オンコール、残業と、肉体的にも精神的にもキツくて…。
こんなことで転職を考えるなんて、やっぱり甘いですかね?

松井医師

そんなことはないと思いますよ。
実際に私も、もう少しゆとりをもって仕事がしたいと思って医局を出た身ですから。

ササキ先生

そうなんですね!こういう悩みって周囲の医師にもなかなか相談できなくて…。
自分は医者には向いていないのかな?と思うことも時々あるんです。

松井医師

同じような悩みを抱えている医師は案外たくさんいますよ。決して特別な悩みではありません。

ササキ先生

よかった、少しホッとしました。
松井先生はどうやって転職されたんですか?転職を決意しても、次の病院が見つからないのではないかという不安もあるんですけど…。

松井医師

まず最初にしたのは、インターネットでの求人探しですね。
医局にいた時からいろいろな病院や医師たちとのつながりもあったので、そのコネクションを使って転職しようと思えばできたんでしょうけど、それではあまりにも視野が狭いなと思ってインターネットで求人を探すという行動に出ました。

ササキ先生

へえ、それは意外です。
インターネットにそんなに医師の求人て出てるものなんですか?

松井医師

山ほどありますよ!私も最初はびっくりしました。
次から次へと出てくるもんだから、これはとても選べないと思いましたね。

ササキ先生

そんなにたくさんある求人の中から、どうやって今の病院を選んだんですか?

松井医師

最終的にはエージェントと相談しました。
あるんですよ、医師の求人を専門的に取り扱う転職エージェントが。

ササキ先生

転職エージェント?それと普通の求人サイトって、何が違うんですか?

松井医師

転職エージェントは、専任のコンサルタントが転職の最初から最後までをしっかりとサポートしてくれるんです。
求人が多すぎて絞り込めなかった私も、キャリアコンサルタントと連絡を取り合いながら応募先を決定することができたんですよ。
しかも、インターネットで検索しても普通は出てこない病院を紹介してもらいました。
非公開求人って言うんですけどね、コンサルタントに相談しないと絶対に出会えない求人があるんです。

ササキ先生

なるほど!選択肢は広がるけど、応募先を決める時の悩みは減らせるんですね。

松井医師

そういうこと。相談したからといって転職を強制されることもないし、自分の立ち位置とか市場価値も把握できるようになりますよ。

ササキ先生

ありがとうございます!ちょっと悩みが晴れたような気がしてきました。早速相談してみます!

 

精神科医の求人を探そう!

精神科医向けの求人を探す

 
No.1
業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」
PR 転職を考える医師が、すべて無料で、「求人探し~キャリア相談~応募~面接~条件交渉~入退職の手続き」のサポートを受けられます!
登録した人のみに紹介できる一般公開していない非公開求人あり!
医師転職ドットコムの実績 ・東証一部上場株式会社アインファーマシーズのグループ会社
・全国47都道府県を網羅(札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点あり)
・業界最大級の求人数(39,480件以上 ※独占・非公開求人 10,000件以上)
・提携医療機関数 6,980施設以上、医師転職紹介実績11,000名以上
・平均年収アップ率 146.6%、希望条件達成率 94.7%
こんな人におすすめ

『自分に合う求人をどう探したらいいかわからない…』
『もっといい求人があるのでは?』
『プライベートを充実させたい!』
『給料アップさせたい!』
『短期間で指定医を取得したい』

公式HP 【 まずは無料登録 】