患者の心を扱う精神科医は、手術をする外科医の医師などとはまた違った技術を求められます。
精神科の医師に求められるもの、また優れた精神科医として活躍するためには何が必要なのでしょうか?

患者の心と向き合うために必要な冷静さ

精神科に訪れる患者は、全員心に何らかの疾患を抱えています。
その疾患を見極め、患者が日常生活をストレスなく送れるために診察と治療を行うのが精神科の医師の仕事です。

患者と信頼関係を築くのが何より大切なのですが、感情移入しすぎてしまうと、正しい判断ができなくなってしまいます。
そのため、優秀な精神科医というのは、患者に寄り添う心の優しさを持っているだけでなく、常に冷静に判断する力が必要です。
患者側に寄り添いすぎてしまうと冷静な判断力を失い、精神科の医師としての実力を発揮できなくなってしまうからです。

そのため、患者の気持ちを理解することを第一に考えながらも、冷静な判断力を失わないという、バランス感覚が重要になります。

他人に対して興味を持てる好奇心

精神科というのは、多くの患者の内面に触れる仕事です。
そのため、人間の精神面に対して興味を持ち、関心がないと務まりません。
人の心は刻々とかわります。
また、同じ病名でも、人によって全く症状が違うという事もあります。
外科や内科のように、この症状にはこの治療という最適解が、精神科にはありません。

一人一人の患者の気持ちを理解することを大切にし、相手に興味を持って研究するくらいの気持ちがある人ほど、精神科の医師に向いています。
普段から他人を観察する趣味がある人などは、趣味を実益に活かすことができるかもしれません。

患者の気持ちを理解する繊細さ

精神科に通う患者というのは、多かれ少なかれ何らかの心の悩みを抱えています。
そのため、治療に満足いかず不満を持つ事もよくあります。

しかし、そういった患者の不安や悩みを敏感に察することのできる繊細さを持っている人は、精神科の医師として向いているでしょう。
精神科の医師の中には、人の心の機微に敏感で、相手の悩みを解決してあげたいという気持ちが根底にある人が多いです。

ストレスに負けない精神力

精神科の医師は、患者のストレスを受け止め切れるだけの精神力が必要になります。
毎日のように精神科の患者と向き合うのはとても大変な事であり、自分の精神力がしっかりしていないと、患者に引きずられて自分が心身のバランスを崩してしまうというのも精神科医にはありがちです。
常に自分の芯をしっかり持ち、ぶれない人でいることが大切なのです。