ハローワーク以外の求人情報

求人情報の種類には、このサイトで取り上げるハローワークの求人情報の他、インターネットの転職サイトや求人情報誌など、様々な種類があります。

効率的に求人情報を探すためには、これらの特徴を掴み、自分に合った求人情報をチョイスしていくことが賢明です。ハローワーク以外の求人情報について、特徴を解説していきます。自分に合った方法を選んでいきましょう。

求人情報誌

仕事探しの定番。コンビニやファミレスなど、いたるところでフリーで配布されています。かつては有料だったものが(と言っても150円などでしたが)、今では無料が多くなってきました。

職種や地域でまとめられていて見やすいのが特徴。情報量が豊富で、求人同士の比較もしやすい。但し、1つの掲載枠に記載できる情報は限られているため、表現は非常に簡潔になっています。労働条件について書かれてない部分があれば、しっかり確認しましょう。

インターネットの転職サイト

近年、インターネットで求人情報を探す人が増えています。帰宅後の深夜でも、自分の空いた時間であればいつでも情報を探すことができます。主な特徴として、・自宅のパソコンや携帯で探すことができる

  • 真夜中でも大丈夫
  • ホームページで会社の概要を調べられる
  • ネットから応募できる

正に、自宅で転職活動をしているような感じです。ネット転職は求職者にとって非常に便利な手段です。と同時に、採用者側からしても、ネットでの採用活動は人的コスト削減につながるという利点があります。そのため

告知はネットだけという企業が非常に多くなっています。また、人材紹介会社と契約して、非公開で求人するケースも増えています。

現在、転職サイトはネットにたくさんあります。情報を効率的にゲットするためには、各サイトが対象としている人材や分野などを見極め、自分にあったサイトを使うことが重要です。もちろん、複数のサイトを使ってもOKです。

転職エージェント

転職活動を支援する人材紹介会社が設けているサイトで、前述の転職サイトとはサービスが異なります。

人材職業紹介会社は、正式には「有料職業紹介事業所」と呼ばれ、構成労働大臣の認可を受けた民間の職業紹介・斡旋所です。近年、「転職エージェント」と呼ばれ、20~30代の転職者の多くが利用するようになりました。転職エージェントは、マンツーマンでキャリアアドバイスを行い、希望や適正に応じて最適と思われる企業に紹介します。

転職エージェントは、求人企業からコンサルティングフィーを受け取るだけで、転職希望者から相談料やサービス料を取ることはありません。また、相談したからといって転職しなければならない、ということもありません。転職時の1つの方法として、利用してみるのは大いにアリです。


インターネットでハローワーク TOPへ

9倍もらえる失業保険
9倍もらえる失業保険
失業保険は4度笑う
shitsugyou.com
手当をもらって「訓活」
公共職業訓練受講マニュアル
失業保険をもらいながら職業訓練を受けるためのコツ
kunkatsu.net