医師求人の中でも人気が高く、非常に需要のある精神科医ですが、その年収はどれくらいなのでしょうか。
医師求人で注目が集まっている精神科医の年収や月収について調べてみました。

診療別の年収ではかなりの高水準

精神科医の年収は、平均1200万円というのが相場のようです。
大体1200万円から1500万円程度で、経験や職場環境によって条件が変わってきます。
診療別に見ると、整形外科や透析などに並んで、かなりの高水準の給与が見込めます。

これは、精神科医が他の診療科の医師と比べてまだまだ数が少ないことと、精神科のニーズがどんどん高まっている事が影響しています。
つまり、精神科の需要が今後も拡大することが見込まれているため、給与もさらに上昇する可能性があるのです。

月収で見る精神科の給与

精神科の月収は、約90万円から100万円前後が相場とされています。
しかし、精神科の開業医となるとさらに月収は上昇し、月100万を超えるのも夢ではありません。
海外に比べると日本の精神科の給与所得はまだまだ低く、これから先さらに精神科の地位向上が期待できるでしょう。

また、地域で収入の格差が大きく、意外なことに関東の精神科の医師は収入が低い傾向にあります。
これは、関東は医師が飽和状態で、他の地域に精神科の医師が不足しがちという現状が影響しているようです。

精神科の給料は下がりにくい

医師の給料を年齢別に見てみると、研修医時代の20代が最も安く、その後40代から50代をピークに上昇していき、年齢を重ねるに従って収入が下がっていくというケースがほとんどです。
多くの場合、50代前半をピークにしてその後がくんと収入が急激に下がるのですが、精神科の場合は下がり具合が比較的緩やかとされています。

外科医や内科医などは、診察に手先や視力を使いますが、精神科の場合は、カウンセリングが治療のメインなので、肉体的な衰えが診察にほとんど影響しません。
このことが、年齢が下がっても、収入が下がりにくい理由です。

精神科はアルバイトで稼げる?

20代の医師は研修中のため収入はどうしても低くなってしまいます。
20代の医師の収入にはアルバイトが大きく影響を及ぼしますが、精神科は比較的アルバイトで稼ぎやすい専門科でもあります。

精神科の場合、バイト時間が短時間で、時給は1万円を超える高時給です。
しかも、肉体的な負担がほとんどないため、余暇を使ってアルバイトをしても、本業に響きません。
20代の医師で年収1000万円を超える事はあまりないのですが、精神科の場合は例外的に20代でもアルバイトをする事で1000万円を超えることも可能です。